読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山猫ボーイ

IT企業で働く31歳独身男の日常ブログです

初心者がアウトバウンドコールをやってみて気をつけるべき5つのこと

営業は電話でアポイントをとる、いわゆるアウトバウンドのテレマーケティングで気をつけること・ポイントをネットから拾ってみました。

あくまで僕が営業をやるにあたり、メモ程度のものですが。。

まずは定義▼

インバウンドは客先からの照会や要望などに応える業務。

アウトバウンドはダイレクトセールスなどを行う業務。

アウトバウンドにおいては、電話による押し売り的な受け取られ方をされないために、客先情報を活用し適切なタイミングで最適商品およびサービス内容の案内をすることが望まれている。

ポイントとコツ▼

1.トークスクリプトは商品が主語でなく、お客様の課題を主語としておく(だれにとってのメリットか)

※商品で解決でなく、トータルでその会社の課題を解決することをアピールする。

2.トークは語尾を伸ばさずハッキリクッキリ言葉にする

※語尾は流さず「~です。」「はい!」と自信をもった応対での言い切りで話せば、重要さを感じさせられます。

3.料金(もちろん大体の範囲で!)について話す

※どちらか一方でも、検討できる範囲を超えているかどうかを確認することで、時間を無駄にするのを防げます。大体の見積もりや予算感を伝える準備をしておく。

4.「でも」といわれたらひとまず肯定する

※「でもお金が…」などと、否定的なことを言われたら「そうですね」と、ひとまず肯定する。

5.最後に、「ほかにもご質問はございませんか」と付け加える

※「利用者の気持ちをくんで対応してくれている」と思ってもらえる。